近刊

新刊

「わかって・できる」指導の工夫

編著者: 小木曽 一之
著者: 清水 茂幸,串間 敦郎,得居 雅人,小倉 幸雄,田附 俊一

記録向上だけでなく、達成感や「体を動かす」喜びを味わえる学習の場を目指して。
「走る・跳ぶ・投げる」の動きを力学・生理学から科学的に解説し、各種目ごとに、動作を体得できるドリル・授業展開例を多数紹介。
体の動きを科学的に理解したうえで(わかって)、自分の体と対話しながら、適切な動きを体得する(できる)。そのための効果的な指導法と評価法。 中学・高校の先生、教職課程の教師・学生、地域のスポーツ指導者、必携の書。

>>詳しくはこちら

著者: 赤松林太郎

華麗な超絶技巧と驚異の博覧強記で知られる異才ピアニストが初めて明かす、日々の鍛錬と独自の思考術。 ……瞬時に過ぎ去る音。つかのまの虹。再び同じ場所に同じ感動は起こらない。 だからこそ深く心に刻まれる永遠の響きを求めて…… 〔参考〕 著者 赤松林太郎 がおこなっている オンライン事典「ピティナ・ピアノ曲事典」への音源提供 作曲家68人の合計 371曲(アンサンブルを含む) YouTube の閲覧回数は合計で 78万回超 詳細→ピティナ・ピアノ曲事典(音源提供ピアニスト)

>>詳しくはこちら