同じ月を見あげて

ハーモニーで出会った人たち
■著者 新澤克憲
■発行年月日 2024年4月26日
■体裁・総頁 四六判並製 272頁
■ISBNとCコード 978-4-8105-3063-4 C3047
■価格(税別) ¥2,000

■内容紹介

「幻聴妄想かるた」で知られるハーモニーは、精神疾患を抱える人のための就労継続支援事業所。
東京 世田谷の地で、30年余り活動を続けてきました。

著者は、この事業所の立ち上げの時から、所長として、心病む人たちに寄り添ってきました。

町の中を「普通の」人と行き交いながら、口を固く閉ざし、まるで「居なかった人」のように扱われてきた精神障害者。
その実際の暮しと思いを、支援者の立場から、愛情を込めて語ります。

病と社会に苦しめられる痛みと落胆、その中で見つけた覚悟。穏やかに笑い合える時間…

生きることの切なさ、かけがえのなさが、行間からひしひしと伝わってきます。

当事者・家族、支援関係者だけでなく、多くの方に手にとって頂きたい本です。

 
この本と、新澤さんのこと -齋藤陽道

私たちは、いつ、どのように崩れるかわからない、やわらかくて繊細な弱さを含んだ砂の家なのだ。
砂の家をめぐって厳しい現実を見つめる新澤さん。崩れる砂をともに掬い集め、ともに直し、コツコツと関係を築いていく。
不意に訪れた悲しき日もごまかさず描く。それでも日常はやってくる。何気ない日常のかけがえなさを深く噛み締めた人にしか表せない描写によって、登場するみんながふしぎなほど近しくなる。そうして、自分自身の抱える弱さをも愛でたくなる。


[装画]ウルシマトモコ
[ブックデザイン]高木達樹

■目次

プロローグ――ハーモニーへ

Ⅰ はじまり

1 哲也さんのギター
2 香風荘
3 私の居る場所

Ⅱ 転機

4 幻聴妄想かるた
5 幻聴妄想かるた その二

Ⅲ ハーモニーの日々

6 余生とアップルパイ
7 良太さんと煙草屋の夫婦
8 Mr.チャーリー☆スター
9 水平の虹
10 失踪の心得
11 大きな地震のあとで

Ⅳ 家族の風景

12 進さんの乾電池
13 私のお墓のまえで
14 母の名前を書く
15 父たちと戦争

エピローグ――永島愛生園にて

■著者・訳者紹介

1960年広島市生まれ。精神保健福祉士、介護福祉士。東京学芸大学教育学部卒。大学院中退後、デイケアの職員や塾講師、職業能力開発センターでの木工修行を経て、1995年、共同作業所「ハーモニー」開設と同時に施設長に就任。その後、「ハーモニー」は障害者就労継続支援B型事業所となりサービス管理責任者(2023年まで)。現在は特定非営利活動法人やっとこ理事長。
(2024年3月現在)