サッカーピラミッドの
底辺から

少年サッカークラブのリアル
■著者 後藤貴浩
■初版発行年月 2021年6月25日
■体裁・総頁 四六判並製・212頁
■ISBNとCコード 978-4-8105-2139-9 C0036
■価格(税別) ¥2,200
在庫状態 : 在庫有り
数量

■内容紹介

「サッカーだけで飯は食えない」

厳しい競争と経済のもと、各地で苦闘する指導者たち。

クラブ運営の詳細と背後にある哲学を、スポーツ社会学者が丹念にフィールドワーク。

日本サッカーを支える彼らの生き方から、もう一つの未来が見えてくる


【紹介記事・書評掲載】

2021年9月11日    南日本新聞(評者:大泉実成氏)
2021年9月5日    南日本新聞(評者:大泉実成氏)
2021年9月4日 沖縄タイムス(評者:大泉実成氏)
2021年9月4日 高知新聞(評者:大泉実成氏)
2021年9月1日 毎日新聞「BOOK WATCHING」
2021年8月27日 週刊読書人 書評(評者:有元健氏)
2021年7月17日  西日本新聞 朝刊 読書面
2021年6月26日 熊本日日新聞 スポーツ面

■目次

第1章 なぜ、少年サッカークラブについて書くのか

第2章 少年サッカー界の“ビッグクラブ”を目指して--ソレッソ熊本SC

第3章 日本サッカーを支える「まちクラブ」--若葉SC

第4章 サッカーで「飯を食う」:職場としてのサッカークラブ--ブレイズ熊本/アスフィーダ熊本/バッサーレ阿蘇

第5章 強豪クラブ総監督から「自分のクラブ」実現へ--DURO調布

第6章 世代を超えた「家族経営」--寝屋川SCとSAKURA UNITED

第7章 グローバルからローカルへ--シンガポールGFAと上高野SC

第8章 クラブコーチは“資本主義の奴隷”なのか

■著者・訳者紹介

国士舘大学文学部教授。
熊本県熊本市出身。博士(公共政策学)。
専門領域は「スポーツ社会学」「地域社会学」。

「主な研究業績]
・単書『地域生活からみたスポーツの可能性--暮らしとスポーツの社会学』道和書院、2014
・共著『サッカーのある風景--場と開発、人と移動の社会学』晃洋書房、2019
・共著『白いスタジアムと「生活の論理」--スポーツ化する社会への警鐘』東北大学出版会、2020

[競技・指導歴]
・総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント出場
・九州学生選抜
・全国社会人サッカー選手権大会ベスト8
・熊本学園大学付属高校サッカー部監督(全国高校サッカー選手権大会ベスト8)

(2021年6月現在)