「記録の神様」山内以九士と野球の青春

■著者 室靖治
■初版発行年月 2022年6月30日
■体裁・総頁 四六判並製・244頁
■ISBNとCコード 978-4-8105-2142-9 C0021
■価格(税別) ¥2,000
在庫状態 : 在庫有り
数量

■内容紹介

お笑いコンビ ナイツ 絶賛!
〈塙〉 記録の神様・山内192って知ってますか?」
〈土〉 以九士だろ! 名前も記録みたいになってるよ!

 

*****

奇人・変人・記録の虫
野球の「記録」に生涯を賭けた男の決定版評伝

 

日本野球界で「記録の神様」と呼ばれる人物は複数いる。
その一人が、山内以九士(やまのうち いくじ 1902-1972)である。

「第一世代の直木松太郎が野球記録を「科学の対象」にし、
第二世代の広瀬謙三、山内以九士が記録を「科学そのもの」に高め、
宇佐美徹也、千葉功の第三世代は
先人の努力の上に、記録を「芸術品」に仕上げた……」
1995年の週刊ベースボール「ヒューマン・パーク」にはこう書かれている。

直木に師事し、宇佐美、千葉らを育てたのが山内である。

島根県松江市の名家に生まれた山内は、少年時代に野球の虜となった。
テレビはもちろんラジオもなかった時代。
新聞報道をたよりに野球のルールや記録を独学し、慶大野球部で直木松太郎に師事。
1936年、米国の規則を基にした『最新野球規則』刊行に携わり、
4年後には、広瀬と共同編集した『日本野球規則』がプロ野球に採用された。

公式記録員として作りつづけた精確無比のスコアカード、
米大リーグの関係者からも絶賛された「ベースボール・レディ・レコナー」(打率早見表)…
その偉業は多くの尊敬を集め、1985年に野球殿堂入りを果たした。

本書は、山内以九士の生涯をつぶさに追いながら、
彼が生きた日本野球の青春時代を生き生きと描く貴重な書である。


【装幀】高木達樹

 主要電子書店・電子図書館で配信しています

 

■目次

1 野球狂への道
山内佐助商店
数字の魔力
慶応野球部
松江の野球

2 プロ野球の始まり
一九三六年
野球成績早見表
「以九士」誕生
奇人・変人:山内以九士という男

3 敗戦と再出発
戦争と野球
再開
快記録・珍記録
台風と大火

4 光と影
二リーグ分裂
ベースボール・レディ・レコナー
「記録のことならパ・リーグに聞け」
高まる名声と生家の悲劇
もう一人の「記録の神様」

5 未完の記録
引退
終焉
山内以九士が残したもの

[巻末]
人名索引
年表 山内以九士とその時代
主な参考文献
取材協力者一覧

■著者・訳者紹介

1967年兵庫県生まれ。都立武蔵高校、千葉大学法経学部卒。90年に読売新聞社(現・読売新聞東京本社)に入り、富山支局、生活情報部、福島支局、人事部、読者センターなどを経て現在は編集局デジタル編集部所属。趣味は鉄道と古書店巡り。山内以九士の孫。