臨床スポーツ心理学

アスリートのメンタルサポート
■著者 中込四郎
■体裁・総頁 A5判上製 288頁
■本体価格(税別) 3400円
■ISBNとCコード 978-4-8105-2125-2 C3075
■初版発行年月 2013年8月

■内容紹介

アスリートは、アスリートとして活躍すること(現実適応:パフォーマンスの向上)と自分らしく生きること(個性化:パーソナリティの発達)という、時には同時には解決しがたい二つの課題を抱えている。また、周囲のアスリートに対するイメージや期待が、競技活動のエネルギーとなっていく者もいれば、本来の生き方を見失ってしまうアスリートを生み出すこともある。このようなアスリートが抱えるストレスや課題に対し、臨床スポーツ心理学の立場からサポートしていく方途を、さまざまな事例の分析を通じて探る。

[著者プロフィール]
中込四郎(ナカゴミシロウ):1951年山梨県韮崎市生まれ 博士(体育科学)・臨床心理士・認定スポーツカウンセラー・スポーツメンタルトレーニング指導士。東京教育大学大学院体育学研究科修士課程修了。北海道教育大学教育学部助手、講師を経て、現在、筑波大学体育系教授(体育・スポーツ心理学、スポーツカウンセリング論担当)。筑波大学スポーツクリニック・メンタル部門ならびに筑波大学心理相談室心理相談員、国立スポーツ科学センター客員研究員、等で心理臨床活動を行っている。(本書刊行時のデータ)

■目次

序章 アスリートの心理サポート 第1章 臨床スポーツ心理学の方法とその展開(その1) 第2章 臨床スポーツ心理学の方法とその展開(その2) 第3章 内界探索型メンタルトレーニングプログラムの開発 第4章 内界探索型メンタルトレーニングの検討 第5章 チームスポーツへのグループ箱庭の適用 第6章 メンタルトレーニングとカウンセリングの連携 第7章 アスリートが語る「身体」の治療的意味 第8章 運動部活動での不適応を抱えたアスリートの特徴 第9章 アスリートの相談事例に見られる「自己形成」の特徴 第10章 スランプに陥ったアスリートの相談事例 第11章 夢を介した競技引退アスリートのサポート事例

Amazon
紀伊國屋
ジュンク堂
楽天ブックス
e-hon