スポーツ文化そしてオリンピックへの思い

スポーツと二人三脚
■著者 笠原一也
■体裁・総頁 四六判並製 172頁
■本体価格(税別) 1714円
■ISBNとCコード 978-4-8105-2109-2 C3075
■初版発行年月 2008年7月

■内容紹介

コーチ、監督、競技役員、地方スポーツ団体役員、地方公務員、国家公務員、中央のスポーツ団体役員、日本オリンピック委員会(JOC)事務局長、体育大学教員、そして、国立スポーツ科学センター(JISS)センター長と、スポーツをささえつづけて来た著者が願う「豊かなスポーツ文化」とは? 
JISS ホームページの人気コラム「スポーツと二人三脚」を中心に、これまで出会ってきたさまざまなアスリートたちやスポーツ人たちとのエピソードを絡めながら、時には厳しく今のスポーツ界の現状に意見を呈し、また時には心温まるスポーツ人生を語ります。

[著者プロフィール]
笠原一也(カサハラカズヤ):前国立スポーツ科学センター・ナショナルトレーニングセンターセンター長。和歌山県保健体育課長、文部省競技スポーツ課長、JOC事務局長、東京女子体育大学教授などを歴任。数多くのスポーツ団体役員を務める。(本書刊行時のデータ)

■目次

第1部 スポーツと二人三脚

第1章 スポーツとの出会い
第2章  スポーツと二人三脚

第2部 長野から東京に向けてオリンピックの発信を

第3章 オリンピックに恋をして
第4章 長野に冬季オリンピックがやってきた
第5章 2016年オリンピックの東京招致に期待する