音楽 一般の書籍一覧 : 2件

著者: バルトルド・クイケン
訳者: 越懸澤 麻衣

音楽の光を映し出す鏡として 演奏家のなすべきことは何か? 楽譜から何を読みとり 何を聴き手に届けるのか? 古楽をめぐる18のテーマから、演奏の真髄を語る。 ***** 初の著作 The notation is not the music (2013) 待望の日本語訳。 ピッチ、音律、テンポとルバート、リズム、フレージング、アーティキュレーション…… 古楽のキーワードを軸に、バルトルド・クイケンが長年にわたる研究と実践のエッセンスを語る。 さりげなくシンプルな、しかし示唆に富んだ深い言葉は、まさに彼の音楽そのもの。 古楽から転じて未来の音楽を啓示する、奇跡の書。

>>詳しくはこちら

著者: 赤松林太郎

華麗な超絶技巧と驚異の博覧強記で知られる異才ピアニストが初めて明かす、日々の鍛錬と独自の思考術。 ……瞬時に過ぎ去る音。つかのまの虹。再び同じ場所に同じ感動は起こらない。 だからこそ深く心に刻まれる永遠の響きを求めて…… 〔参考〕 著者 赤松林太郎 がおこなっている オンライン事典「ピティナ・ピアノ曲事典」への音源提供 作曲家68人の合計 371曲(アンサンブルを含む) YouTube の閲覧回数は合計で 78万回超 詳細→ピティナ・ピアノ曲事典(音源提供ピアニスト)

>>詳しくはこちら

全2件中 1~2件目を表示