『串間 敦郎』 1件

串間 敦郎のプロフィール

宮崎県立看護大学看護学部看護学科教授.筑波大学大学院修士課程体育研究科コーチ学専攻(体育学修士).公益財団法人日本陸上競技連盟理事(現任)・公認コーチ(現任)・普及育成委員会委員(2009~2015),日本スプリント学会理事(現任).主な研究分野:スポーツバイオメカニクス,体力学.主な著書:『陸上競技を科学する』(共著)道和書院,1999.『スプリント&ハードル』(共著)陸上競技社,2012.『実践柔道整復学シリーズ 運動学』(共著)オーム社,2012.(2017年4月現在)

「わかって・できる」指導の工夫

編著者: 小木曽 一之
著者: 清水 茂幸串間 敦郎得居 雅人小倉 幸雄田附 俊一

記録向上だけでなく、達成感や「体を動かす」喜びを味わえる学習の場を目指して。
「走る・跳ぶ・投げる」の動きを力学・生理学から科学的に解説し、各種目ごとに、動作を体得できるドリル・授業展開例を多数紹介。
体の動きを科学的に理解したうえで(わかって)、自分の体と対話しながら、適切な動きを体得する(できる)。そのための効果的な指導法と評価法。 中学・高校の先生、教職課程の教師・学生、地域のスポーツ指導者、必携の書。

>>詳しくはこちら

全1件中 1件目を表示